家具取付
家具の取付が始まりました。



リビングの壁の幅いっぱいに収納にしています。低くなっているところはテレビ台です。



ガラス扉にはお客さん手持ちの家具のガラスを再利用しました。



内装は基本的に塗装ですが、一部クロスにしました。塗装仕上げのようなクロスを使用して違和感のないようにしています。

家具製品検査
家具が大体出来てきたので、お客さんと一緒に工場へ確認と打ち合わせに行きました。



他の現場のものなど同時並行で作業しています。



キッチン裏面のカウンター収納です。この後扉が付けられます。



キッチンの食器棚です。取っ手のないデザインにしました。



実際の材料に塗ってみて、お客さんと一緒に色を決めていきます。

足場解体
足場が解体されました。



薄いグレーのガルバリウム鋼板です。若干ブルーとグリーンが入っています。



子供部屋の壁も色分けしています。



和室の高窓からは遠くの並木を借景に。新緑がよい季節です。
内部塗装
内部の塗装が進んでいます。



リビングの壁は漆喰にするので、天井だけ塗っています。



少し分かりにくいですが、寝室は1面のみ薄いブルーにしています。



階段は木部が先行して塗られています。



カウンターや階段、天井など数種類の木部がありますが、それぞれの部分ごとに色をつくっていきます。

塗装下地
塗装の下地処理が始まりました。



ボードのジョイントやビスの頭をパテで埋めて行きます。



下の階ではまだ大工さんが作業をしているので上の部屋から進めています。



2階も少しずつ進んでいます。
外壁塗装
外壁が貼り終わり、塗装が始まりした。



インナーバルコニーに足場が組まれています。



光を反射するように白く塗装しています。



サッシまわりをコーキングします。



内部は階段と手摺が取り付けられています。



小屋裏収納の階段は、スペース優先でコンパクトにつくられています。



照明を吊り下げるための棒が取り付けられています。



書斎スペースは既にに大工さんの物置に…
外壁貼り
外壁のガルバリウム鋼板貼りが進んでいます。



明るいグレーの板を使用しています。細かい部分まで打ち合わせして、きれいに施工されています。



階段が取り付けられました。蹴込のないオープンな階段です。



3階はボード貼りがほぼ終わりました。



寝室はスリット状のハイサイドライトにしています。



ちょっと見慣れないものですが、照明器具を吊り下げるのに使用します。
金物製品検査
金物の製作が完了したという連絡を受けて、工場に製品検査に行きました。



初めてお願いする工場ですが、与野本町なので事務所からすぐ近くです。
製品検査とは、次の工程に行く前に、製作が終わった製品を確認するものです。



今回検査を行ったのは、キャットウォーク(渡り廊下のようなもの)や庇などです。上の写真はキャットウォークの手摺になります。



こちらは玄関の庇です。5.4メートルの長さになるので、3分割にしました。木造の躯体に取り付けるので、重量を軽くするために板厚を抑えましたが、それでも全部で200kg以上あります。



これはキャットウォークの支えの部分。
寸法などを確認し、全体的に大きな問題などはありませんでしたが、溶接した部分の盛り上がりなど細かい修正をいくつかお願いしました。
この後、指摘部分を直してからめっき工場に送られます。
地盤改良
地盤改良杭の施工です。



支持地盤が深いため、139.8mmの鋼管杭を使用します。



溶接で鋼管を繋ぎ、合計で15メートル程度の長さにします。



杭の先端には拡底翼が付いています。